尿酸値・痛風関連

尿酸値が上がる原因を教えてください。


尿酸は体内で作られます。体内に蓄積されている尿酸の量と体外に排出される量のバランスが崩れると尿酸値は上昇します。つまり、体内にたくさん尿酸が溜まってしまうと高くなる数値です。数値が高くなると、体内の尿酸が関節部などに溜まり、結晶化し、激しい痛みや炎症を起こします。これが痛風です。


痛風にならないように、尿酸値を正常値にしておくことが大事です。健康診断などで、定期的に尿酸値を調べる必要があります。尿酸値が上がる原因として一番に挙げられるのは食べ物です。食べ物の中にはプリン体という成分が含まれています。これが体内で分解されて尿酸になるのです。プリン体を多く含むものをたくさん食べると体内にたくさん尿酸が作られ尿酸値が上昇します。


プリン体を多く含んでいる食べ物をいっぱい食べないことが望ましいです。多く含まれているものとしては、お酒ならビール、魚類だとカツオやエビ、肉類では豚や牛、鶏のレバーなどの脂身やホルモン、またクロレラやローヤルゼリーなどの健康食品にも多く含まれます。


プリン体はうま味の成分ともいわれています。、以前、痛風が「ぜいたく病」と言われたのはこのためです。一度でも痛風を発症した人や尿酸値が高いといわれたことがある人は、こういった食べ物を控えるのが賢明です。


食べ物のほかに数値が上がってしまう原因は体質です。最近は遺伝的な面があることがわかってきました。体内でたくさん尿酸を作ってしまう体質や排出が困難な体質などがあります。またその人の性格的な面やストレスなどの生活環境や運動不足なども体質に影響している場合もあります。この他の原因としては病気があります。内臓に疾患がある場合、特に腎臓の機能が悪くなると体内への排出が困難になり値が上昇します。


また、疾患のため服用している薬で数値があがることもあります。生活で気を付けられる尿酸値を上げる原因は食事と生活環境です。栄養のバランスを考慮して食べ物を摂取し、ストレスのない健康的な生活を送ることが大事です。