尿酸値・痛風関連

痛風の発作とは?尿酸値の基準値についても


痛風は、突然、関節痛が起こる病気です。多くは、足の親指のつけ根に強い痛みを感じ、歩行が困難になることもめずらしくなく、息を吹きかけただけでも痛みが増すというほどの症状を示します。このような痛風の発作は、ほとんどが成人男性ですが、ある日突然起こります。ただし、原因は尿酸によることがわかっています。


尿酸は、体の新陳代謝によってつくられるいわゆる老廃物の一種です。これは、正常な人でも一定量が常に体内にありますが、その量は、血液中の尿酸値を調べることでわかります。基準となる値は男女とも7.0mg/dLが上限で、これを超えていますと、(血液中の)尿酸値が異常(高尿酸血症)だと判断されて痛風の予備軍になります。


高尿酸血症が長い間続きますと、血液中に溶けている尿酸が結晶化してきて、それが関節にたまりはじめます。それがある日、関節が強烈な痛みを伴って腫れてきます。足の場合には、甲全体に痛みと腫れがひろがり、しばらく続きます。
7日から10日ほど経ちますと一旦痛みが引いて腫れもおさまり、痛風の発作は消えてしまいます。しかし、そのままにしておきますと忘れた頃に再び発作にみまわれて、これを何度か繰り返しているうちに他の関節に発作が移ったり、発作を起こす間隔が短くなったりします。そして、慢性の痛風に移行していきます。さらには、腎臓病や尿路結石などの病気を併発することもあります。


さて、高尿酸血症になる要因は、遺伝的なものと生活環境の2つがあると考えられています。遺伝的な要因は、変えられませんが、生活環境の方は変えられます。生活環境では、普段の食べ物と飲み物、生活の行動様式、服用している薬、持病などがあります。この中で、特に注意したいのが飲み物で、中でもアルコールの飲み過ぎがよくありません。


そしてアルコールの中でもビールは尿酸値を上げやすいことが知られています。また、食材では、肉(特に内蔵)や海産品が尿酸値を上げやすく、野菜や乳製品は尿酸値を下げる効果があります。