尿酸値・痛風関連

痛風の予防のために知っておきたいプリン体の多い食べ物


贅沢病ともいわれる痛風は、体内の尿酸が過剰になることで起こる病気で、痛風発作として多いのは、足の親指の付け根などがペンチで挟まれたような痛みになったり、靴がはけないくらいの痛みになることがあると言われています。


尿酸は、細胞の中の核に含まれている物質で肉や魚、飲み物などありとあらゆるものに含まれています。
肉や魚の肝、干物、ビール酵母やクロレラなど特に出汁などのうまみ成分に多く含まれています。


プリン体には体内で合成されるものと食べ物から摂取するものと2種類あり、エネルギーを生み出したり細胞を破壊するときに生産物として尿酸が産出されます。


尿酸は体内で分解されずにそのまま排出される老廃物のようなもので、体が健康な状態であれば尿酸の生成と排出のバランスが正常に働いているのですが、長期にわたり暴飲部食や偏った食生活を送っていることで子のバランスが崩れて体内の尿酸がうまく排出できずに蓄積してしまうことがあります。


そして、うまく排出できなかった尿酸が体内で過剰になることで痛風が起こるのです。


しかし、前述したようにプリン体には2種類あり食べ物から摂取するプリン体が2?3割なのに対し体内で合成されるプリン体は7?8割とはるかに体内で合成されるプリン体の方が多く、かつては尿酸値が高い人は厳しい食事制限を余儀なくされていましたが、最近では食事から摂取するプリン体を制限したところであまり効果がないとされています。


以前は、痛風患者の死亡原因のトップは、じん機能の障害による尿毒症でしたが、医療の進歩により尿酸をコントロールする薬も開発されてそれによって治療を行うようになってきてから、尿酸値が高い患者さんの食事制限は極端なものでなくなってきたようです。


だからといって、変わらず好きなものばかり食べる食生活を送っていると、また発作を起こすことにもなりかねませんので、規則正しく栄養バランスのとれた食事を食べるように、日頃から意識して心がけていくことが大切なことなのです。