健康関連

糖尿病の合併症の症状について


糖尿病とは、膵臓に存在するランゲルハンス氏島のβ細胞で産生されるインスリンの効果や分泌量に問題がある為、血中のブドウ糖が有効に使われずに血糖値が高くなっている病態を指し、血糖コントロールなどの適切な処置を行わず、長期間にわたり高血糖状態が続くと合併症を発症するリスクが著しく高くなります。


合併症には、細小血管症と大血管症があり、毛細血管などの細い血管にみられる細小血管症にはこの疾患の3大合併症とも呼ばれている糖尿病性網膜症や糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害があります。特に糖尿病性神経障害は、長期間にわたる高血糖状態の悪影響がポリオール代謝亢進によるソルビトールの異常な神経細胞内の蓄積や神経栄養因子の異常、グリケーション異常などにより、神経細胞の代謝障害や神経細胞に栄養を循環させる毛細血管の循環障害が引き起こされ、足に合併症の症状が発症します。


合併症の症状としては、足先の痺れや痛み、冷えなどの知覚神経障害、起立性低血圧や便秘、勃起機能不全、無痛性心筋梗塞などの自律神経障害が見られ、大腿部や下腿部の外側に痺れや痛みが生じる外側大腿皮神経障害や腓骨神経障害なども発症します。特に糖尿病性筋萎縮症は、中高年の2型患者の体重減少などの病状悪化により、大腿四頭筋や大腿二頭筋などの下肢近位筋群の筋力低下や筋萎縮、強い疼痛症状を体の片側に発症し歩行困難となるケースも多くあります。


又、細小血管症だけでは無く大血管症でも足に症状が発症するケースがあります。特に糖尿病に起因する動脈硬化により足の太い血管の血液循環の異常が原因で発症する末梢動脈性疾患は、足やふくらはぎに強い疼痛が現れ間欠性跛行などの症状を発症し、潰瘍や壊疽により足を切断するケースもあります。


糖尿病性神経障害は、初期症状は足や手の軽度の痛みや痺れですが、病状の悪化に伴い耐え難い痛みや無痛覚な神経の壊死に変化し、突然死を引き起こすリスクがあるので自覚症状を感じたら早急に医療機関で検査すべきです。


糖尿病予備軍が増加してる?


他人事だと思っている人も多いでしょうが、現代の日本には糖尿病予備軍が多いのが現状です。糖尿病予備軍から脱却するためにも、予備軍にならないためにも、そして糖尿病にならないためにも、食事の改善をすることは大切です。


現代の日本において食事の欧米化は一般的なものとなっていますが、食事の見直しをするならば、日本の和食をメインにした食事をするのが最も良い方法です。日本人であれば昔から慣れ親しんでいる食事メニューですので、抵抗なく意識していくことができます。


日本の和食の利点として、とても手の込んだ作りをすることもひとつです。海外ではあまりないことですが、日本では鰹節や昆布、煮干しやシイタケからだしをとることをします。これが過剰な塩分を減らして、薄味でもおいしく食事を食べることができる鍵になります。


和食といっても、しょうゆや味噌などを、過剰に使っては塩分の摂りすぎになります。洋食のメニューはそれだけで、必然と高カロリーの食事メニューになります。でも和食は調理方法や味付け、食材からしても自然とヘルシーな献立にすることができます。


和食は旬の野菜を豊富に使い、味付けにはだしや酢を上手に利用することができます。肉ではなく、新鮮な魚をメインにしたメニューも多く、総合的な栄養バランスと、カロリーという視点からしても健康的なものです。


現代の便利な食生活の中にあって、手軽な食べ物は比例して高カロリーです。コンビニやスーパーでもすぐに食べられる食べんのはいくらでもありますが、加工食品やレトルト食品は、高カロリーであり添加物も多く、糖尿病予備軍にとっても良いものではありません。


食事の改善をしていくにあたり、食べるときにはいきなりご飯や油物を食べないで、野菜から食べるようにしましょう。野菜には多くの食物繊維が含まれるので、体の中に入っても血糖値が上がるのを穏やかにしてくれます。脂肪吸収も抑制しますので、食べ過ぎを防ぐことにもなりますし、肥満防止にもなります。