健康関連

高血圧の薬物療法での薬の服用前後のポイントとは?


高血圧の薬物療法での薬の服用に関しては、お医者さんの指導に基づいて正しい服用をしましょう。医薬品を飲む時間委は、だいたい3パターンほどのタイプがあります。医薬品の作用が強いことで胃が荒れる心配がある場合は、食事をした後の、胃の中に食材が入っているときにお薬を飲みます。


食間に飲むタイプもありますが、これは食事中に飲む意味ではないです。食事を食べてから、時間が2時間くらい経過してから、空腹な状態になったら飲むタイミングです。食前に飲む医薬品の場合は、即時を食べる前の30分から1時間くらい前にお薬を服用することになります。


高血圧のお薬を処方されるときには、飲む時間を指定されたり、丁寧な説明を受けますので、その指導を必ず守るようにしましょう。正しいタイミングで医薬品を服用してこそ、高血圧の症状にも役立つことになります。


正しい高血圧の飲み薬の飲み方として、たっぷりの水分と一緒に飲むことも大事です。飲み薬を処方されて飲むときには、コップに1杯のお水を用意して、一緒に飲むようにします。お水なしで飲んでしまうと、のどの通貨がスムーズにはいきませんし、食道でお薬が引っかかってしまうこともあります。そうなると、そのまま潰瘍を起こしてしまったり、食道炎を起こす可能性も出てきます。


お薬のタイプにもいろいろありますが、体内でもくっつきやすいカプセル状を飲むときなどは、必ず水分は必須です。水分量が少なすぎるのも問題であり、せっかくの医薬品の吸収率がダウンしたりして、効果が悪くなってしまうことも出てきますので注意です。


水分ならば何でもいいと思うかもしれませんが、基本的にはピュアなお水とともに飲みます。お茶やジュース、お酒などと一緒に飲んでしまうと、それぞれの成分が、お薬の成分を邪魔してしまいます。相互作用が起きてしまい、副作用を起こすこともありますので、必ずお水で飲むことです。お薬は横たわったままではなく、起き上がって飲むようにします。